【九州プロレス】公式ブログ 

九州プロレスの最新情報をお届けします!

10/10 『天神ば元気にするバイ!’14』  試合結果!

10.10 福岡市/西鉄ホール 
『天神ば元気にするバイ!’14』 試合結果
観衆 325人



①【天神ぶらり徘徊3WAYマッチ】20分1本勝負
田中純二 vs がばいじいちゃん vs 旭志織(KAIENTAIDOJO)
○田中純二(7分34秒 エビ固め ※旭を挟み丸め込み)がばいじいちゃん● 


じいちゃんの天神ぶらり徘徊。
シャレが通じない純二と、天才ヘルパーさん・旭を相手に予測不能の全方位3WAYバトル!
3人で手四つに組み合うも、じいちゃんは純二に杖で一撃!
再度組み合うも、またもや純二は杖の餌食に。
ポジションチェンジしても尚、旭の策略で杖にやられ続ける。
ヘッドロック、レッグロック、腕の取り合いと3人が絶妙に絡み合う。
旭と純二は手を組みじいちゃんを標的にするも
「全員敵だよ!」と旭はあっさりと純二を裏切る。
シャレが通じない純二は、旭に怒りの逆襲!
ブロックバスターからダイビングヘッドバッドを狙うがじいちゃんの横やりで不発。
5分。旭はコーナーに純二を逆さ吊り。
そして、じいちゃんの名人芸ロープ杖渡り。
逆さ吊り状態の純二のお尻に杖が突き刺さり場内悲鳴!
純二の尻から杖が抜けず、丸腰になったじいちゃんはハイスピード化!
旭を場外に落としプランチャ!
リング内の純二にはスワンダイブのボディアタック!
そして、純二にレインメイカーで「年金の雨」を降らす!
勝機と見た旭は、じいちゃんに阿吽。
2発目はかわされるも、じいちゃんのステテコを脱がす旭。
ふんどし状態で動揺するじいちゃんを丸め込む。
しかし、純二がとっさの閃きで、
丸め込む旭の顔をじいちゃんの尻に埋め、そのまま3カウント!
隨ャ荳€隧ヲ蜷茨シ狙convert_20141011040056
隨ャ荳€隧ヲ蜷茨シ胆convert_20141011040140


②【ばってん試練の7番勝負!〈第四番〉】30分1本勝負
●ばってん×ぶらぶら(7分22秒 白くまドロップ)白くま○


試練の7番勝負全敗中のばってん。
4人目の刺客は、桜島プロデュースの南国氷菓・白くま。
一見ゆるキャラの白くまに対しマイクを手にしたばってんは、
自分を棚に上げて「プロレスをなめるな!」と一喝!ブーイングを浴びる。
すると白くまもマイクを手に、なんと人間の言葉で丁寧なご挨拶!大歓声を浴びる。
試合は開始早々、ばってんを場外にたたき落としぺたんと座る。
ゴロゴロ転がる白くまに、ばってんも思わず「かわいい!」
ばってんは「ムツゴロウさんだよ」と白くまをおびき寄せスリーパー。
しかし指を噛まれる。
肩で不適に笑う白くまは凶暴な獣モードに!振り返りキルユー!
パンチのラッシュにストンピング、エルボー、首をひねりあげ、
さらにはばってんのシャツを脱がせ、強烈なチョップと引っ掻き!
ばってんは、ボロボロになりながらも「プロレスを舐めてんじゃねえぞ…」
白くまのパンチをばってん白羽取りでキャッチし逆襲の博多トンコツエルボー!
ばってんは、急所攻撃、ばってんボンバーで畳み掛けるが、
逆に白くまボンバーで虫の息。
白くまはカウント2で自らばってんの肩を上げ、
白くまドロップ(雷電ドロップ)で全体重を浴びせカウント3!
またもや試練の7番勝負に破れたばってん。
シングルは駄目だと、12/7タッグトーナメントでの優勝を宣言!
パートナーに、九州産業大学時代のリアル先輩・旭志織を指名するが、
旭はキョトン顔でやんわり拒否。
それでも強引に旭&ばってんの九産大タッグ決定をアナウンスし
会場の大ブーイングを浴びる。
隨ャ莠瑚ゥヲ蜷茨シ胆convert_20141011041941
隨ャ莠瑚ゥヲ蜷茨シ点convert_20141011042023


③【天神ば元気にするバイ!~玄武會始動~】45分1本勝負
○めんたい☆キッド & ウォーターマン日田丸 & ビリーケン・キッド
(13分52秒 片エビ固め ※めんたいスプラッシュ)
阿蘇山 & 藤田ミノル & 桜島なおき●


桜島を新メンバーに加え遂に始動となる武闘派集団「玄武會(げんぶかい)」!
めんたい&ビリーのWキッドに、格闘ファイター日田丸が加わり迎撃!
試合は、いきなり玄武會の奇襲攻撃!
阿蘇山とめんたい、ビリーと桜島、藤田と日田丸が
それぞれ闘志むき出しのしばき合いでゴング!
桜島は大阪時代の先輩、ビリーを激しく意識。
めんたいは果敢にも体格差のある阿蘇山をスピードで翻弄!
替わった藤田は、めんたいの腰を狙いスピードを封じる作戦に。
玄武會の3人は、早いタッチワークでめんたいに集中攻撃!
長いロンリーバトルをようやく切り抜けためんたいは日田丸にスイッチ。
日田丸と藤田は、互いに喧嘩腰のバチバチしたしばき合いを。
救出に入った桜島もまとめてWアキレス腱を決め、
阿蘇山にも強烈なミドルキックの連打!
さらにビリーが日田丸をステップにドロップキックで場外へ落としプランチャ。
リング上では、再び日田丸と藤田の激しいしばき合いで両者ダウンする一幕も。
絶好調のビリーは、大型の阿蘇山へフランケンシュタイナー、
ビリンコバスター、低空ドロップキック!
スイッチしためんたいは、阿蘇山をブレーンバスターで投げきる快挙!
めんたいへ照準を搾り、勝負をかける玄武會。
桜島のこだわりのコブラツイスト!
藤田のサヨナラツームストンからの阿蘇山のマグマドライバー。
桜島のニードロップ、グランドコブラは辛うじて2.9。
ビリーと日田丸のフォローで、めんたい大逆襲開始!
コーナーtoコーナーのミサイルキックからフットスタンプ、
ビリーが場外の阿蘇山、藤田へトペコンヒーローを放ち、
玄武會を分断した隙に桜島へめんたいドライバー!
さらに、トドメのめんたいスプラッシュを完璧に決め
始動したばかりの玄武會の勢いを止めた。
隨ャ荳芽ゥヲ蜷茨シ狙convert_20141011043022
隨ャ荳芽ゥヲ蜷茨シ胆convert_20141011043114
隨ャ荳芽ゥヲ蜷茨シ点convert_20141011043157


④【最強九州男児頂上決戦!~九州プロレス選手権試合~】60分1本勝負
<王者>○玄海(22分18秒 片エビ固め ※玄海灘)筑前りょう太●<挑戦者>
           ※第三代王者が5度目の防衛に成功


博多スターレーンでボブ・サップを倒し完全復活の筑前が
「玄海に預けとった最強の証…そろそろ返してもらおうか!」と、
満を持して九州王者に挑む!
筑前は盟友・ビリーを、玄海は玄武會を引き連れ入場。
試合は力と力、意地と意地のぶつかり合い。
玄海は筑前を軽々とリフトアップで持ち上げ、王者の力を示す。
コーナーで「いつものやつ」の打ち合い、強烈なパンチで制した玄海は、
ミドルキックを容赦なく叩き込み博多一本絞め。
筑前はバックドロップで形勢逆転し、ロープ際でがつんといくばい!
玄海を場外へ叩き落とし、エプロンからのトペコン。
さらに玄海をモンキーフリップで鉄柱に投げ飛ばす!
リングに戻った筑前は強烈なスピア。
卍固め、がつんといくばい!で畳み掛けるも、
玄海もペディグリー、博多一本締めで意地を見せる。
さらにフットスタンプをこれでもかと6連発、容赦ない攻撃を!
トップロープでとぶばいを狙う筑前をラリアットでたたき落とし重爆トペ!
ダイビングエルボーと畳み掛けるも2.9。
コーナーで、玄海のパンチ、筑前のヘッドバッドの攻防。
雪崩式ブレーンバスターで筑前を投げるも、すぐに立ち上がり
サップを仕留めた逆さ押さえ込みは辛うじてカウント2.9。
さらに筑前は久々に見せる「まわるばい!」
そして「まっすぐとぶばい!」でフィニッシュを狙うも
消耗が激しく、すぐにフォールに行けず2.9。
ならばと、盟友ビリーのフィニッシュホールド「ベルディゴ」を決めるも2.9。
玄海はスピアを受け止め、必殺・玄海灘!しかしカウント2.9。
激しい意地の張り合いを制したのは、玄海の強烈な顔面パンチ!
朦朧とする筑前に玄武岩からの玄界灘を決め、カウント3!
玄海が九州の頂上対決を制し、四度目の防衛に成功した。
試合後の玄海のマイク
「俺は約1年前、大阪プロレスを辞め、秀吉のマスクと決別し、
 九州プロレスに玄海として入団した。
 あんたは、1日24時間プロレスのことだけを考えさせてくれる環境に
 俺を置いてくれた。俺は大好きなプロレスだけしか考えなくてよくなった。
 そのおかげであんたに勝てたんですよ。
 筑前りょう太、最近、引退とかどうのこうの言ってるけどよ、
 俺とあんたは20年前、小さな市民体育館のトレーニング場で出会って、
 そこから闘いは始まってんだよ!今も終わってないんだよ!
 何度でも闘っていこう!」と筑前にエールを送り、深々とお礼を。
そして、12.7タッグトーナメントに向け優勝宣言をすると、
めんたいとビリーのWキッドがエプロンにあがり玄海を挑発!
すると、白くまも上がり玄武會入りした師匠の桜島と勝手にチーム結成。
さらにばってんは無理矢理、旭を引き連れチーム結成をアピールするも
玄海は軽く無視。
ラストは、玄武會4人で「天神ば元気にするバイ!」で大会を締めくくった。
隨ャ蝗幄ゥヲ蜷茨シ狙convert_20141011044330
隨ャ蝗幄ゥヲ蜷茨シ胆convert_20141011044400
隨ャ蝗幄ゥヲ蜷茨シ点convert_20141011044440
隨ャ蝗幄ゥヲ蜷茨シ農convert_20141011044532
邇・ュヲ譛ダconvert_20141011044609






 




  1. 2014/10/11(土) 04:49:49|
  2. 試合結果

FC2Ad