【九州プロレス】公式ブログ 

九州プロレスの最新情報をお届けします!

1/27 第一交通産業グループPRESENTS「北九州ば元気にするバイ!'13」試合結果

九州プロレス 1.27 北九州芸術劇場・大ホール
第一交通産業グループPRESENTS「北九州ば元気にするバイ!'13」 試合結果
観衆【800】名



①北九州ば元気にするバイ!キックオフ!
~北九州vs日田シュート合戦~

○ワイルド・ギラン(9分57秒 片エビ固め)ウォーターマン日田丸×
※ワイルドシュート


北九州のプロサッカーチーム
ギラヴァンツ北九州とのフレンドシップ提携から誕生した
プロレスラー第2弾。
バンバン・ギランの弟、ワイルド・ギランのデビュー戦。
対するは、大分の蹴撃手…ウォーターマン日田丸。
ワイルド・ギランは、バンバンとは正反対の細身のサッカー選手体型。
攻撃型の兄とは違い、気弱な一面も。
シュート合戦では、日田丸に圧倒され、実力差を見せつけられるが、
バックの取り合いを、オーバーヘッドキックで逆転。
走り込んでのワイルドシュートを決め、日田丸から3カウント。
ホーム北九州での大声援を受け、辛うじて白星デビューを飾った。
img_2370[1]_convert_20130128115038


②じいちゃんデビューの地 ~北九州凱旋!~

○がばいじいちゃん&藤田ミノル 
(15分11秒 ステッキ式がばいクラッチ)
相島勇人&キシャーン×


プロレス界を席巻するじいちゃん、
デビューの地・北九州に、1年ぶりの凱旋。
ヘルパーさんに藤田ミノルを迎え、
なんと相島に立ち向かうという無謀な挑戦を。
先発を買って出たのは、じいちゃんと相島。
マイペースかつ、スローすぎるじいちゃんに、
相島、攻めあぐね、「俺は無理だ!」とエスケープ。
キシャーンには、巧みな杖さばきで翻弄。
これにはヘルパーの藤田も「ナイスステッキ!」と感嘆の声。
怒りの相島は、高齢者に容赦ない攻め。
リバーススプラッシュで息の根を止めにいくも、
杖によるロープエスケープで九死に一生。
ロープ杖渡りは、杖を奪われ転落。
そこで、遂にがばいスイッチが入り、超高速化!
九州討伐団を蹴散らす。
藤田も、ドロップキック、延髄、雪崩式フランケンと大逆襲!
そこでキシャーンは、じいちゃん潰しに本腰を。
じいちゃんに重量級その場飛びムーンサルト、
フィッシャーマンと畳み掛け、投げっぱなしジャーマン!
しかし、じいちゃんはバク宙で見事に着地。
一瞬の早業、ステッキ式がばいクラッチで丸め込み、
キシャーンから3カウント。
img_2516[1]_convert_20130128115226


③九州男児魂伝承マッチ
~田中純二デビュー15周年記念試合~

×田中純二(7分51秒 ドラゴンスリーパー)藤波辰爾○


九州プロレスのリングに、
遂に、九州のレジェンド・藤波辰爾、降臨!
藤波戦を直訴したデビュー15周年の田中純二が
気合いで立ち向かう。
「九州男児の魂を伝承する!」と、
教科書通りの昭和プロレスで、すべてにおいて圧倒する藤波。
珍しく、弓矢固めをガッチリ決めると観客は大歓声!
純二を寄せ付けない。
意地でも食らいつく純二は、
気合いのバックフリップからダイビングヘッドバッドと、
レジェンド切り崩しに挑む。
しかし、ドラゴンスクリューで一気にペースを戻し、
完璧なドラゴンスリーパーで貫禄の勝利!
九州男児の魂を伝承し、デビュー15周年の純二を祝った。
img_2607[1]_convert_20130128115349


④九州×沖縄プロレスサミットⅤ

○めんたい☆キッド & 台風 & 旭志織
(19分29秒 片エビ固め)※めんたい☆スプラッシュ 
めんそ~れ親父 & ウルトラ☆マンゴー & キジムナー×


「沖縄プロレスが活動休止となっても、
九州×沖縄プロレスサミットは終わらない!」
九州vs沖縄の団体対抗戦、第5弾。
3度目の参戦となるめんそ~れ親父は、
九州初上陸のウルトラ☆マンゴーとキジムナーを帯同し、
沖縄スタイルのスピーディかつ、楽しいルチャを展開。
しかし、ライバルのめんたいと親父が対峙すると、
一変、お互いに激しく意識。
めんたいに刺激され、旭と台風も親父狙い。
旭の阿吽、台風のヒップ連発からの台風クレイドルと
畳み掛ける。
試合終盤では、台風のトペを皮切りに、
キジムナーのプランチャ、めんたいのケブラータ、
ラストは全員にまとめて、重量級のマンゴー空爆と、
九州×沖縄の華麗な空中戦。
一気に勝負に出ためんたいは、
キジムナーにコーナーtoコーナーのミサイルキック、
めんたいドライバー、さらにめんたいスプラッシュ炸裂!
沖縄プロレスから勝利を奪った!
試合後、めんたいは6度目の対抗戦をアピール!
九州と沖縄の闘いは、まだまだ続いていく。
_mg_2747[1]_convert_20130128115708


⑤九州プロレス選手権 60分1本勝負
(王者)×筑前りょう太(16分59秒 エビ固め)阿蘇山○(挑戦者)
※マグマ・ドライバー
※初代王者が2度目の防衛に失敗。阿蘇山が2代目王者に。


年末のタッグトーナメントで、筑前からピンフォールを奪い、
さらには優勝を飾った阿蘇山が、満を持してタイトル挑戦。
長いプロレス人生で一度もベルトを巻いていない阿蘇山は、
キャリアのすべてをぶつけると意気込む。
筑前と阿蘇山の九州最大の闘いは、
観客の声援に後押しされた阿蘇山が、
開始早々、強烈な脳天杭打ち…マグマドライバー炸裂。
いきなり大きなダメージを受け、場外でダウンする筑前。
息を吹き返した筑前は、力と力の真っ向勝負。
数えきれないほどの激しいチョップ、タックル、ラリアット合戦は互角。
筑前は、阿蘇山に無い攻め、場外へのトペコンや、
背後からのミサイルキックなど立体的な攻撃へ。
フィニッシュを狙った「とぶばい!」は阿蘇山の剣山に悶絶。
阿蘇山のマグマドライバー、万トーン、
筑前は、久々の「まわるばい!」(スリングブレイド)と
一進一退の攻防で両者ダウン。
フィニッシュを狙った筑前は、必殺「まっすぐとぶバイ!」へ。
しかし、寸前でかわされ、逆に、とぶバイ!を超えるとも言われる
マグマスプラッシュの餌食に。
KO寸前の筑前に、さらに追い打ちのマグマドライバー炸裂。
筑前、さすがに返すことはできず、まさかの王座転落。
大・阿蘇山コールの中、阿蘇山、初載冠。
しかし、ベルトが阿蘇山には小さく、腰に届かないハプニング。
阿蘇山のコメント
「途中、3回ほど駄目と思ったんですけど、
みなさんの声援で勝つことができました。
私、阿蘇山がこの九州王者の地位をね、
があーーーーっと上げますからね!応援してよーー!」
九州ファンの後押しを受け、
九州のピープルズチャンピオンが誕生した。
※筑前はダメージが大きくノーコメント
img_2971[1]_convert_20130128115804
img_3190[1]_convert_20130128115849







  1. 2013/01/28(月) 12:19:38|
  2. 試合結果

FC2Ad