【九州プロレス】公式ブログ 

九州プロレスの最新情報をお届けします!

1/22「北九州ば元気にするバイ!!」試合結果

2012年1月22日(日)
九州プロレス 
北九州ば元気にするバイ!
最強九州男児決定トーナメント開幕戦
福岡・北九州芸術劇場(452人 超満員)





1・最強九州男児決定トーナメント1回戦
○筑前りょう太(4分39秒 片エビ固め)林田伸一×
※まっすぐとぶバイ!!


1-1_convert_20120124170711.jpg

1-2_convert_20120124170751.jpg

1-3_convert_20120124170823.jpg

最強九州男児決定トーナメント、
初戦に登場したのは、優勝しか見ていない筑前。
相手は、博多の大先輩・林田。
新天地で47歳の新しい挑戦に挑む林田は執拗に筑前の腕を責め続け一点突破を目指す。

筑前の突進をかわし脇固めで勝ちにいくも、短期決戦を狙う筑前の強烈なスピアを食らい、最後は「まっすぐ飛ぶバイ!」で涙を飲んだ。

筑前のバックステージコメント
「林田?優勝しか見とらんけん眼中になか!
 これから誰が上がってこようと、
 最強九州男児の座は誰にも譲らんばい!」


2・最強九州男児決定トーナメント1回戦
○台風(10分1秒 リングアウト勝ち)藤田ミノル×


2-1_convert_20120124170858.jpg

2-2_convert_20120124170930.jpg

2-3_convert_20120124171011.jpg

山口県出身の藤田ミノル。
わざわざ福岡に引っ越し、住民票を移し替えてまで挑む最強九州男児の座。初戦を落とすわけにはいかない。
一回戦の相手は、昨年度MVP級の活躍を見せた台風。

興奮状態で動き続ける台風をどう落ち着かせるか…
さらに、観客の声援がすべて台風に集中するなか、まったくペースを掴めない藤田。
場外戦の末、エプロンでの攻防。
台風がとっさにはなったヒップアタックで、
藤田、場外へ転落し、まさかのリングアウト負け!
藤田ミノル一回戦敗退の大番狂わせ!

台風のバックステージコメントは解読不能。


3・最強九州男児決定トーナメント1回戦
○田中純二(4分20秒 拷問逆エビ固め)マンゴーみゆき×


3-1_20120124171715.jpg

3-2_20120124171804.jpg

3-3_convert_20120124171822.jpg

純二の相手は、当日発表の「X」枠。
バックステージで筑前にエントリーを直訴したのは、なんと女子のアップルみゆき。
筑前は、「女子」という理由で断るも、アップルは「デビュー以来、男も女もなく闘ってきた!
筑前さんならわかるでしょう?」とアピール。
かつてKAIENTAI DOJO時代の同門として理解を示すも、やはり「九州じゃない」という理由で却下。
アップルは「九州ならいいんですね。」と消えた。

そして登場したのは、なんと宮崎県産マンゴーみゆき!
産地偽装疑惑のなか、試合はスタート。
マンゴー、気合い十分で一方的に攻め立てるも、
自他共に認める「九州男児の中の九州男児」純二は、容赦ない拷問逆エビ固めでマンゴーを仕留めた。

純二バックステージコメント
「最強九州男児やろもん。
 なんやあれは!産地偽装の女子やぞ!
 今日は勝ったばってん、なんか腑に落ちん。
 自分にとっては、次の二回戦が
 最強九州男児の初戦じゃ!」


4・最強九州男児決定トーナメント1回戦
○旭志織(6分34秒 月食)がばいじいちゃん×


4-1_convert_20120124172423.jpg

4-2_convert_20120124172451.jpg

4-3_convert_20120124172515.jpg

KAIENTAIDOJOのトーナメントで、
これまでシングル、タッグと2度制覇している旭。
対するは、佐賀県武雄市が送り込んだ、史上最高齢?のニューカマー、佐賀のがばいじいちゃん。
着物姿で杖をつき、ゆっくり時間をかけて、客席から休み休み入場。

じいちゃん、「がばい(佐賀弁で凄い)」の片鱗も見せない完全にヨボヨボのおじいちゃんムーブ。
唯一の攻撃は、高齢という理由で使用が認められた「杖」攻撃のみ。
この杖がやっかいで、なかなかペースを掴めない旭。

じいちゃん、なんとか杖をついてロープ綱渡りに挑戦。
しかし、旭に杖を奪われバランスを崩してしまう。
杖を奪われたじいちゃんは、突然、怒りのスイッチ!
急に身軽な「がばい」ムーブへ。
宇宙人プランチャにスワンダイブドロップキック、旭の阿吽をしのいだじいちゃんは、フィッシャーマンズスープレクス、がばいスプラッシュでフィニッシュを狙う。
しかし、カウント2でかわされ、ラストは旭の月食に沈んだ。
この結果を受けて、旭vs筑前の二回戦が決定。

がばいじいちゃんはその名の通り「がばい(凄い)」じいちゃん。
破れはしたものの、インパクト絶大の衝撃的なデビュー戦を飾った。

旭バックステージコメント
「がばいじいちゃん…なんですかあれは?2回戦は筑前理事長…
 実は私、過去に3度シングルで闘って2度勝っているんですよ。
 小さい選手が大きい選手を倒す!
 これがプロレスの醍醐味で、私はそれが得意なんです。はっきり言って自信あります。」


5・最強九州男児決定トーナメント1回戦
×クルメンひろせ(9分15秒 刀狩)秀吉○


5-1_convert_20120124172539.jpg

5-2_convert_20120124172606.jpg

5-3_convert_20120124172632.jpg

昨年、「秀吉の中の人間は、最強の九州男児たい!」と九州男児であることをカミングアウトした大阪プロレスの秀吉。
「最強九州男児」と口火を切った男としては初代王者となることは絶対条件。
相手は、昨年の戦国タッグ戦で覚醒したクルメンひろせ。

得意のスピードと負けん気の強さで秀吉に一歩も引かないクルメン。
スピードとパワーの激しい攻防に思わぬアクシデント。
クルメン、試合中に肘を脱臼してしまい不完全燃焼。
秀吉はあっさり刀狩でクルメンを仕留め2回戦進出。
田中純二との対戦が決まった。

試合後の秀吉のバックステージコメント。
「これから、ボッコボコにする予定やったのに納得いかんぜ!
 クルメンと俺なら、もっともっとすげえ試合になったと思うぞ。
 まあこの鬱憤は、2回戦の純二にぶつけてやる。
 この秀吉が、最強の九州男児じゃ!」


6・最強九州男児決定トーナメント1回戦
×せごどん(10分15秒 スクールボーイ)バンバン・ギラン○


6-1.jpg

6-2_convert_20120124172723.jpg

6-3_convert_20120124172752.jpg

昨年12月に初登場した、薩摩最強戦士せごどん。
「鹿児島が最強です。」と優勝宣言。
対するは、先日、九州プロレスとフレンドシップ宣言をしたサッカーJ2、ギラヴァンツ北九州からの刺客。
この日デビューのバンバン・ギラン。

バンバン・ギランは、まるまるとした体格から想像できない、
小気味いい動きでせごどんを翻弄。
その名の通り、バンバン、サッカーキックを叩きこむ。
せごどんも、パワー溢れる「桜島落とし」や、必殺技、トップロープからの「飛ぶが如く」でフィニッシュを狙う。

なんとか生還したギランは「黄金の右」、そしてその場跳びのムーンサルトプレス、翼ラリアットと畳みかけ、
大型のせごどんをスクールボーイで丸め込み3カウント。
デビュー戦勝利を飾り2回戦進出を決めた。

バンバン・ギラン、バックステージコメント
「2回戦も、蹴って蹴って蹴りまくるっちゃー!」


7・最強九州男児決定トーナメント1回戦
×阿蘇山(8分13秒 スクールボーイ)相島勇人○


7-1.jpg

7-2_convert_20120124172836.jpg

7-3_convert_20120124172906.jpg

九州プロレスvs九州討伐団全面戦争。
そして、暮れのタッグトーナメントも制覇し、向かうところ敵無しの相島。
一回戦の相手は、遂に「本気」を出した阿蘇山。

両者まさに「最強九州男児!」と形容できる、ヘビー級同志のド迫力のぶつかり合い。
阿蘇山は、真正面から相島を潰しにかかるキラーぶりを発揮。
相島は、戦術を頭脳戦に切り替え、ラストは一瞬のスクールボーイで丸め込み阿蘇山から逆転勝利。
二回戦、因縁の台風戦が決定。

相島のバックステージコメント
「阿蘇山、真正面から来るだけがプロレスじゃねえぞ!
 頭を使え、頭を!
 次は台風?こんなトーナメントやる意味ねえだろ?
 初代チャンピオンは相島勇人様に決まってるじゃねえか。」


8・最強九州男児決定トーナメント1回戦
○めんたい☆キッド(13分27秒 片エビ固め)ディアブロ×
※めんたいスプラッシュ


8-1_convert_20120124172930.jpg

8-2_convert_20120124172952.jpg

8-3_convert_20120124173016.jpg

前回のタッグトーナメントでディアブロに敗れ優勝を逃しためんたい☆キッド。
一度も勝てないディアブロを倒さなければ、最強の九州男児にはなれないと、気合い十分!

めんたいはゴングと同時に馬乗りナックル!
ラフにはラフをと、激しい一面を。
さらに序盤から、ディアブロのパワー封じとばかりに腕ひしぎ逆十時、腕へのコーナーtoコーナーミサイルキックと、
畳みかける。

怒りのディアブロは、セコンドの相島も加わり、チェーン絞首刑、悪魔首折り弾と大逆襲!
めんたいのマスクも切り裂き、精神的にも追い込む。
フィニッシュを狙った必殺ディアブロドライバーは、めんたいが2.9でなんとかキックアウト。

筑前も登場し、介入を繰り返すセコンド・相島を抑える。
その間に、見事なめんたいスプラッシュを決め、めんたい☆キッド、ディアブロから大逆転の初勝利を奪う!

2回戦での、めんたいvsギランの対戦が決定。

めんたいのバックステージコメント
「マスクに手をかけやがって!
 同じマスクマンなら、どんだけマスクが神聖なもんか、
 わかっとろーもん!
 でもやっと!やっとディアブロを倒すことができた!
 ディアブロを倒したことで優勝が見えたばい!
 バンバン・ギラン?どんな選手か知らんばってん、もう優勝まで突っ走るしかなかです!
 めんたい☆キッドが最強の九州男児ばーい!」




※最強九州男児決定トーナメント日程!

2月22日(水)
最強九州男児決定トーナメント 二回戦
福岡市・さいとぴあ

3月20日(火・祝)
最強九州男児決定トーナメント 準決勝~優勝決定戦
福岡市・西鉄ホール
  1. 2012/01/23(月) 14:15:13|
  2. 試合結果

FC2Ad