【九州プロレス】公式ブログ 

九州プロレスの最新情報をお届けします!

短大生が聞くバイ!②めんたい☆キッド

インターンシップ学生による選手インタビュー~めんたい☆キッド~


「九州プロレスでインターンシップとして職場体験している中村短期大学一年生の杉野あかねと申します。今回は九州プロレスの現チャンピオンであるめんたい☆キッド選手にインタビューをさせて頂きました。
インタビュー中は冗談を交えるなど笑わせて下さったので緊張もほぐれ、とても楽しい時間となりました。」
(九州プロレス事務所にて収録)

mentai01.jpg

杉野:理事長である筑前さんの後輩だと聞いたのですが、お二人は出会ってどのくらいになるのですか。
めんたい:んーそうやね、僕が大学時代やからもう21年くらいになるんやないかな。

杉野:その時の筑前さんの印象ってどんな感じでしたか。
めんたい:僕にとってはもう大先輩であり、憧れであり、身長も大きくて、いろんな意味で本当にでかい人っていうイメージかな。

杉野:そもそもめんたいさんのプロレスを始めたきっかけは何だったのですか。
めんたい:僕が幼い頃、毎週金曜日にあっていたプロレスの番組を見て憧れるようになったね。でも父親がプロレスを嫌いな人で「あんな野蛮なスポーツ見るもんじゃない」って言われとった。やけん、当然大学を出て本格的にプロレスラーを目指すことに両親は「プロレスラーになるために大学まで行かせた訳じゃない!!」って猛反対やったね。

杉野:筑前さんと同じく、メキシコで修行をしためんたいさんですが、スペイン語は話せますか。
めんたい:もう14年前になるけんね~。もう覚えてないな。スペイン語とか普段使う機会なかなか無いしな。当時もまあカタコトやったね。いや、カタコト以下か(笑)辞書一つだけしか持って行ってなかったし、あとは行ってから現地の方との会話でなんとなーく覚えたけどほぼジェスチャーでコミュニケーションはとっとった。

杉野:一度プロレスを離れるという経歴がありますが、その理由は何ですか。また、どうして再びプロレスの道へ戻ったのですか。
めんたい:経済的にできなくなった時期があって、生活するための地盤を作るまで辞めざるをえなかった。で、プロレスを好きなまま辞めてしまっていたから、ずっとプロレスがやりたいって気持ちが残っとって、それで九州プロレスができるというのを聞いて再び始めようって決意したね。

mentai02.jpg

杉野:プロレスをしていて良かったとやりがいを感じる瞬間はいつですか。
めんたい:んー、やっぱりファンの方が自分を応援してくれている時かな。
今まで知らなかった人が自分を知ってくれた時とか「あー嬉しいな」って思う。

杉野:いつも明るく元気なイメージのめんたいさんですが、めんたいさんの元気の源となっているものは何ですか。
めんたい:家庭で嫁さんから抑えつけられてるから、そのストレス発散が力になってくるんかな(笑)これ言ったら怒られるな(笑)
やっぱり、自分の好きなことができているってことが源にもなっていると思う。

杉野:めんたいさんのオリジナル曲が発売されているという情報を仕入れたのですが、ご自身で作られたのですか。
めんたい:いやいや違う違う。よく間違われるんよ。でも、全部プロの方が作ってくださったやつで、自分は「元気が出るような」とかいうイメージだけ伝えた。

杉野:では普段から歌を歌うのが好きだったり、カラオケによく行ったりなどはしないのですか。
めんたい:カラオケとか滅多にいかんね。

杉野:それでは最後に今現在の夢について教えてください。
めんたい:まず会社としての夢は、年間の試合数が現在約25試合だからもっと各地で試合を行って、年間50を目指したい。
そして、僕個人の目標としては、チャンピオンベルトをずっと防衛していくこと!!
杉野:頑張って下さい!本日はありがうございました。

mentai00.jpg

※インタビュー後記※
めんたいさんは本当に気さくでトーク力のある方だなという印象を受けました。
しかし、仕事中もこのインタビューの時間でさえもずっと覆面をしていらっしゃるので素顔が気になり終始うずうずとしてしまいました。
噂によると、筑前さん以外まだ彼の素顔を見た人はいないんだとか…。ますます気になりますね。
最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました。


  1. 2016/03/25(金) 16:30:20|
  2. お知らせ

FC2Ad