【九州プロレス】公式ブログ 

九州プロレスの最新情報をお届けします!

10/8 「宮崎を元気にするっチャガ!~三股町大会~」試合結果

2017年10月8日(日)
『宮崎を元気にするっチャガ!~三股町大会~』
宮崎県三股町・三股町体育館大会
観衆[189]人
6241768480_IMG_3577.jpg



①博多山笠vs唐津くんち 九州お祭りバトル 15分1本勝負
 ●田中純二 (8分46秒 片エビ固め) 野崎広大○
           ※STN(スペーストルネードノザキ)


6241768480_IMG_2506.jpg
6241768480_IMG_2550.jpg
6241768480_IMG_2599.jpg




②博多〝直送〟名物対決!~ザ・真剣笑武~  20分1本勝負
○筑前りょう太 ( 9秒 片エビ固め) ばってん×ぶらぶら ●
           ※ジャンピングボディプレス
   【再試合】
 ○筑前りょう太 ( 11分1秒 片エビ固め) ばってん×ぶらぶら ●
           ※スピア           


6241768480_IMG_2687.jpg
6241768480_IMG_2754.jpg
6241768480_IMG_2779.jpg
6241768480_IMG_2842.jpg
6241768480_IMG_2872.jpg




③霧島連山に捧ぐ~九州活火山対決~  30分1本勝負
●桜島なおき ( 12分58秒 片エビ固め) 阿蘇山○
           ※万トーン          


6241768480_IMG_3028.jpg
6241768480_IMG_3040.jpg
6241768480_IMG_3065.jpg
6241768480_IMG_3117.jpg




④三股町を元気にするっチャガ~宮崎新ヒーロー伝説!~  60分1本勝負
○めんたい☆キッド&エル・チキンナンバン
           ( 20分37秒 片エビ固め) 玄海&佐々木日田丸●
            ※めんたいスプラッシュ             


6241768480_IMG_3415.jpg
6241768480_IMG_3427.jpg
6241768480_IMG_3464.jpg
6241768480_IMG_3475.jpg
6241768480_IMG_3494.jpg
6241768480_IMG_3521.jpg
6241768480_IMG_3526.jpg




  1. 2017/10/09(月) 01:34:28|
  2. 試合結果

9/14 「天神ば元気にするバイ!’17」試合結果

2017年9月14日(木)
『天神ば元気にするバイ!’17』
福岡県福岡市 西鉄ホール大会
観衆[309]人

tenjin17.jpg



①Go For Broke!~若武者、大海に挑む!~15分1本勝負
×野崎広大 (12分11秒 片エビ固め) 玄海○
         ※ペディグリー


デビューから一年未満でタッグベルトに挑戦し、あの玄海を本気にさせた野崎。満を辞して一騎打ちが実現!
nozagen.jpg
ゴングが鳴るや激しいぶつかり合い。
怖いもの知らずの野崎は、玄海に馬乗りパンチ、払い腰。
タックル合戦は互角。
玄海も容赦なく激しいチョップ、キック、エプロンサイドで強烈なパンチ、助走をつけてニーを打ち込む。
豪快なラリアットはカウント2。
玄海のペディグリーは野崎なんとか踏ん張る。
再度、ペディグリーを狙うが、逆に玄海をコーナーにぶん投げる。
さらに野崎は、重量級のプレス
5X3A0804.jpg
コーナーからのギロチンを落下。
5X3A0811.jpg
玄海は巨体の野崎を投げっぱなしフロントスープレックス。
5X3A0820.jpg
正面飛びドロップキックで吹き飛ばすと、ダイビングエルボー。
5X3A0830.jpg
玄海灘をかわした野崎は、アルゼンチンバックブリーカー落とし。
さらにゴリラハンターで玄海を追い込む。
10分。野崎はダウンした玄海を強引にブレーンバスターで引っこ抜き驚異のパワーを見せつける。
そこから超肉弾戦へ。
ラリアット合戦は互角。タックルで野崎が打ち勝つが、玄海は超人拳、投げっぱなしジャーマン。
バズソーからのペディグリーを豪快に決め、粘る野崎を沈めた。
5X3A0884.jpg




②ぶらりばってん流浪旅~シングル初対決!~ 20分1本勝負
×ばってん×ぶらぶら (11分56秒 片エビ固め) 藤田ミノル○
               ※SAYONARA


自称・福岡の有名人、ばってんが、玄武會の自由人、藤田ミノルと意外な初シングル!
ばってんは、藤田に勝ったら卒業した桜島の代わりに自分を玄武會に入れろとアピール。
玄海vs野崎の試合後の余韻覚めぬままゴング。
藤田は「一試合目以上の盛り上がりはねえからな!トイレ行くなら今だ!」とばってん相手に不満。
5X3A0921.jpg
早々に終わりにしますよ、とSAYONARAを狙うも、
ばってんはなんとか耐え延髄斬り。
そして「どんたく、山笠、放生会!」の博多の三大祭りエルボー!
さらに浣腸ラッシュ、藤田の尻へしゃもじ乱れ打ち。
5X3A0922.jpg
じっくり見得を切っていると藤田復活。ばってんへキャプチュード。
藤田はリングにしゃもじを立て、そこへボディスラムを狙うが、耐えたばってんは逆にブレーンバスターonしゃもじ。
さらに、ばってんボンバー、高速三大エルボー。
コーナーで「玄武會に入ってやるぞー!」とアピールするもばってん後ろ後ろ!状態で、デットリードライブに投げられる。
藤田は掟破りのばってんボンバーからイッツショータイム!
ばってんのリクエストでもう一回狙うが、丸め込まれる。
怒った藤田は、強烈なハリ手からSAYONARAを決め、シングル初対決を制し、ばってんの玄武會入りを阻止した。
5X3A1023.jpg
5X3A0940.jpg




③燃える薩摩魂・新たなる旅路! 30分1本勝負
 めんたい☆キッド&桜島なおき○
(18分28秒 片エビ固め) 筑前りょう太&田中純二×
     ※ヘッドバッド


地元・鹿児島で「玄武會卒業」宣言をした桜島。
さらなる高みの第一歩は、王者めんたいとタッグを結成し、筑前&純二の博多タッグと激突!
試合はめんたいと筑前でゴング。
パワーでは太刀打ちできないと、めんたいはスピードで応戦。
5X3A1050.jpg
桜島と純二は、じっくりしたバック、リストの取り合いからバチバチとしたチョップ合戦へ。
桜島は純二をコブラに捕らえると、カットに入った筑前も二人まとめてコブラツイスト。さらに二人まとめて丸め込む。
5X3A1083.jpg
筑前は桜島を場外に誘い出すと、珍しくラフ攻撃。
それを機に、筑前&純二組は息のあったタッチワークで、桜島に集中攻撃。ロンリーバトルが続く。
5X3A1116.jpg
5X3A1154.jpg
10分、ようやくタッチしためんたいは、筑前にフライングボディアタック、二人へバックエルボー。
さらにかつて筑前の前歯を粉砕した串刺し顔面ニー。
フットスタンプ、ボディブローラッシュと追い込む。
筑前、がつんといくばいで動きを止めると、44歳炸裂!
さらに雪崩式44歳を狙うが、なんとか桜島が阻止。
めんたいスプラッシュをギリギリで避ける。
島は純二に投げっぱなしジャーマンからの本家・武藤公認(?)のシャイニングウィザード。
純二は桜島に雪崩式ブレーンバスター。
筑前スピアー、純二のブロックバスターと畳み掛けるが、なんとかキックアウト。
15分。筑前の飛ぶばいから純二のダイビングヘッドバッドと、息の合った連携で桜島を追い込む。
5X3A1262.jpg
桜島は、なんとかドロップキックで形勢逆転するとスパイラル桜島ボムを炸裂!
ようやくペースを握っためんたい&桜島は、筑前へWバックドロップ、さらに低空ドロップキック&スライディングDの連携を披露。
めんたいが場外の筑前へプランチャで分断。
そのチャンスに、桜島が純二へブレーンバスター!
そして、強烈なヘッドバッドを叩き込み、純二から3カウント!
5X3A1291.jpg
試合後、マイクをとっためんたいは、
初タッグがいい感触だったと、12/3博多華味鳥杯タッグトーナメントでの桜島とのチーム結成をアピールし優勝宣言!




④天神ば元気にするバイ!~薩摩の敵(かたき)は天神で~ 60分1本勝負
○佐々木日田丸 (17分28秒 片エビ固め) 阿蘇山×
      ※日田丸式パイルドライバー


8.27鹿児島大会での試合後、
バックステージでのコメント中の些細ないざこざから大乱闘に発展した日田丸と阿蘇山の因縁の一騎打ち。
緊張感漂う、素早いグラウンドの攻防でゴング。
阿蘇山は序盤から、じっくり首を絞りあげる作戦。
執拗なほどのヘッドロックは、開始5分まで続く。
5X3A1380.jpg
日田丸はアキレス腱固めで反撃するも、阿蘇山はブレインクローで対抗。
そして、串刺しエルボーからWアームスープレックス、エルボードロップと畳み掛ける。
5X3A1389.jpg
日田丸はキックの連打からのレッグラリアート、串刺しビックブーツからハリ手のラッシュ、串刺し顔面ニーと得意の打撃で追い込み、フロントネックチャンスリー。
さらにミドル、ハイキックとラッシュをかける。
10分。エルボー合戦から日田丸のスリーパー。
アキレス腱固めから、クロス式へ以降し阿蘇山の足に照準を絞る。
5X3A1437.jpg
日田丸式パイルは逆に強引なボムに切り返し、阿蘇山はマグマドライバーを狙うも、スリーパーに切り返される。
阿蘇山は一本背負いからの払い腰。カナディアンバックブリーカーは両肩にポンポン載せ替え、放り投げ、パワーを見せつける。
さらに万トーン2連発はなんとかキックアウト。
15分。エルボー合戦、阿蘇山のツッパリラッシュ。
日田丸も打撃のコンビネーションからネックスクリュー、膝蹴り、側頭部への強烈な蹴りでKO寸前に。
チャンスと見た日田丸は、スリーパーでフラフラに追い込んだ上に、日田丸式パイルドライバーを見事に決め、日田丸が激闘を制した。
5X3A1539.jpg

試合後、日田丸を武闘派ファイターとして認めた玄武會。
阿蘇山が「4人目!」と語りかけ、玄武會勧誘とも取れるアピール。
握手を求め、玄海と藤田も後に続くが、日田丸はなかなか応じようとしない。

玄海
「日田丸、お前の中の凶暴な部分もっと出せよ!俺たちは同じ志の中で、上とか下とか関係ねえよ。お前も入って、九州プロレスかき回そうや。好き勝手やれよ!2番手か!いつまでも!」
5X3A1559.jpg

玄武會からの勧誘に悩む日田丸。
ようやく玄海と握手をすると見せかけ拒否。
正規軍の元へ戻るも、なんと、めんたいを強烈なハイキックでKO!
桜島が熱り立つも、玄海のアッパー、藤田の延髄斬り、阿蘇山のパンチ、
玄武會決別の一撃。トドメは日田丸式パイルドライバー!
会場が悲鳴に包まれる中、改めて玄武會と拳を合わせ、日田丸、まさかの玄武會入りを果たす!

日田丸
「お前ら玄武會は、正義でも悪でもなく、ただ強さを追い求める武闘派の集団なんだよな?
 俺も、今の生ぬるい現状を打破したかったんだよ。
 俺は、九州プロレスをさらに盛り上げるために玄武會に入り、この九州の頂点を目指してやる。
 阿蘇山先輩、あんたすげえよ!
 藤田ミノル!俺は昔っから大嫌いなんだよ!大嫌いだけどな、大好きでもあるんだよ!
 玄海、お前らの下につく気はねえぞ!お前らを利用して、のし上がっていくからな!
 俺はここのトップに立ってベルト狙ってるからな、お前とやる時は、どっちかがベルト持ってる時だ!」
5X3A1582.jpg

そして、新生・玄武會のメンバーと共に、
玄武會流の「九州ば元気にするバイ!」で大会を締めくくった。
5X3A1594.jpg






  1. 2017/09/15(金) 03:31:47|
  2. 試合結果

8/27 「鹿児島を元気にすっドー!’17」試合結果

2017年8月27日(日)
『鹿児島を元気にすっドー!’17』
鹿児島県鹿児島市/鹿児島市民文化ホール・第2ホール
観衆[309]人


①南国氷菓凱旋〜夏だ!アイスだ!白くまだ!  15分1本勝負
◯白くま(8分2秒 片エビ固め)田中純二×
※白くまボンバー


鹿児島の夏といえば「白くま」!
地元の子供たちの声援を受け、可愛さを振りまきながらも、ラストは、野獣化!
パワフルな白くまボンバーから、そのまま押さえ込み、純二からスリーカウント。
5X3A9286.jpg
5X3A9290.jpg
5X3A9300.jpg




②若武者、試練の真剣勝(笑)負!   20分1本勝負
◯筑前りょう太&野崎広大
 (11分26秒 片エビ固め)
ばってん×ぶらぶら&がばいじいちゃん×
※まっすぐ飛ぶばい


先輩を脅かすほどの猛威を振るう驚異の新人が
九州の象徴とタッグを結成し、
ばってん&じいちゃんというお笑いタッグに挑む!
野崎にとって〝ある意味〟試練!
試合は筑前とばってんでゴング。
パワーでは全く太刀打ちできないばってん。
じいちゃんが杖で筑前の足元をすくい突破口を開き、串刺し連携へ。
しかし、じいちゃんがスローすぎて失敗。
逆に野崎と筑前の串刺し攻撃、重爆プレスに悶絶。
連携攻撃はじいちゃんの杖で阻止。
場外戦では、筑前、野崎の同士討ちを誘い、
2人まとめて杖で急所攻め。
野崎は、じいちゃんのゲートボールクラッシュ初洗礼。
じいちゃんは筑前のかつぐばいで腰が治り、
名人芸ロープ杖渡り。
杖を奪われ高速化。筑前を相手に大暴れ。
ばってんは、鹿児島名物エルボーを筑前に決める。
Wのばってんボンバーはスピアで迎撃される。
筑前の44歳は切り返し、逆さ押さえ込み。
じいちゃんとのW延髄斬りからラ・マヒストラルへ。
筑前はばってんにがつんといくばいで反撃。
そこへ野崎がじいちゃんにゴリラハンター。
ダウンしたばってんとじいちゃんに
筑前がまっすぐ飛ぶばいで2人まとめてフォール。
5X3A9351.jpg
5X3A9384.jpg
5X3A9397.jpg
5X3A9423.jpg




③博多⇄熊本⇄鹿児島・超特急バトル!   30分1本勝負
◯めんたい☆キッド&ツバメ
 (15分16秒 片エビ固め)
玄海&阿蘇山×
※めんたいスプラッシュ


九州の空を舞うめんたいが、
鹿屋大会でデビューした超特急仮面ツバメとヒーロータッグ、ツバメン隊を結成し、
九州最強を誇る武闘派ユニット玄武會に挑む!
ツバメは阿蘇山を相手に果敢にぶつかるもパワーに圧倒されるが、
スピードで翻弄し、出発進行超特急キックで優位に。
玄武會は場外乱戦でペースを取り戻し、
リングに戻っても速いタッチワークでツバメに集中攻撃。
ロンリーバトルが続くが、なんとかトラースキックで逃れ、めんたいにスイッチ。
めんたいは阿蘇山にフライングボディアタック。
2人まとめてバッグエルボー。さらに、ツバメン隊W編隊飛行。
ツバメは、玄海にミサイルキック。
さらに、ツバメポーズからのツバメ返しでカウント2。
さらに2度目を狙うが逆襲にあう。
阿蘇山のダブルアーム、万トーンを凌ぐが、
玄武會の合体技3Dでピンチに。
なんとかラリアットの同士討ちを誘い、めんたいへ。
阿蘇山はめんたいへマグマドライバー、
パワーボムはウラカンラナで切り返し、バク宙キック。
フットスタンプ、ツバメとのWドロップキック。
ツバメが場外の玄海へトペコンを放ち分断し、
めんたいが阿蘇山へコーナーtoコーナーのミサイルキック。
さらに、めんたいスプラッシュを完璧に決め3カウント!
5X3A9507.jpg
5X3A9520.jpg
5X3A9521.jpg
5X3A9539.jpg
5X3A9562.jpg




④鹿児島を元気にすっドー!~桜島なおき鹿児島凱旋!お前が舵を取れ!~  60分1本勝負
◯桜島なおき(23分58秒 片エビ固め)佐々木日田丸×
※垂直落下式ブレーンバスター


姶良市出身の桜島が鹿児島凱旋!
前日の鹿屋大会前哨戦では日田丸組に敗れただけに、
桜島の薩摩魂が燃えに燃える!
日田丸は、いつになく荒っぽいスタイルで桜島を痛めつける。
右腕にキックの連打、えぐい腕固めでエルボー封じの集中攻撃。
さらに、腕ひしぎ逆十字、執拗な腕固め、
串刺し顔面ニーからのフロントネックチャンスリーと大ピンチに。
玄海會セコンドの声援を受け、桜島も奮闘。
投げっぱなしジャーマンからシャイニングウィザード。
さらにプランチャで日田丸に大ダメージを与える。
形成逆転の桜島は、日田丸にジャンピングエルボー、スライディングD。
二発目は腕ひしぎ逆十字に捕らえられ、さらに腕固めへ。
桜島のコブラツイスト、日田丸の卍固め、
さらに日田丸レッグラリアット、桜島ボムと一進一退。
20分、強烈なエルボー撃ち合い。日田丸の打撃ラッシュは、
桜島の強烈なヘッドバッドで逆転。
さらに垂直落下式ブレーンバスターはなんとかキックアウト。
2度目を狙うがネックスクリューに切り返される。
日田丸は側頭部への蹴りから、日田丸パイルドライバーへ。
桜島はなんとか耐えきると、スライディングD2連発。
そして、トドメの垂直落下式ブレーンバスターが見事に決まり、
日田丸からスリーカウントを奪い勝利を飾る。

試合後、桜島はマイクをとると、玄武會の先輩、玄海、阿蘇山に感謝の言葉を。
「この2人の背中を見てプロレスを学んできました。今日、すごく強い佐々木選手に勝って、さらに高みを目指したいと思います!そのためにも玄武會を卒業し、この2人と闘って成長したいと思います!闘ってくれますか?」
しばらく考えた阿蘇山はガッチリ握手!玄海も「頑張れよ!お前!」と激励。次にリングに立つ時は闘う時だと誓い合って、玄武會最後の拳を突き上げた。
5X3A9681.jpg
5X3A9686.jpg
5X3A9713.jpg
5X3A9786.jpg
5X3A9798.jpg
5X3A9835.jpg
5X3A9900.jpg
5X3A9906.jpg
5X3A9970.jpg

そして、バックステージでは事件勃発。
日田丸のコメント中、卒業祝いムードで戻ってきた玄武會に
日田丸が「うるせえ!」と一喝したがために、水を差された阿蘇山が大激怒!
さらに、日田丸の椅子を投げつける暴挙をきっかけに、
バックステージは全選手が止めに入るほどの大乱闘に発展!
日田丸は筑前に無理矢理、控室に戻されるが、
阿蘇山は興奮が収まらず、日田丸とやらせろ!とアピール。






  1. 2017/08/28(月) 11:51:34|
  2. 試合結果

8/26 「株式会社カナザワPRESENTS鹿屋市を元気にすっドー!」試合結果

2017年8月26日(土)
株式会社カナザワPRESENTS『鹿屋市を元気にすっドー!』
鹿児島県鹿屋市/鹿屋商工業研修センター・大ホール
観衆[320]人(超満員)
5X3A9222.jpg


①福岡×熊本 熱か男の熱々対戦!  15分1本勝負
×田中純二(12分1秒 片エビ固め)阿蘇山○
※マグマスプラッシュ


初上陸の鹿屋オープニングマッチは、
福岡の山笠男と、熊本の巨大カルデラの熱か男対決!
パワーで圧倒的に攻め立てる阿蘇山に、
純二はなんとか食い下がるも、ダイビングヘッドバッドは自爆。
阿蘇山のミサイルキックからのマグマドライバー、
さらにマグマスプラッシュをまともに喰らい万事休す。
5X3A8659.jpg
5X3A8700.jpg
5X3A8714.jpg
5X3A8726.jpg




②若武者の試練!〝ある意味〟高い壁への挑戦!   20分1本勝負
×ばってん×ぶらぶら(8分47秒 体固め)野崎広大○
 ※重爆プレス


38歳のばってんは、20歳になったばかりの野崎に、
歳でも、プロレスでも、可愛さでも勝っているとアピール。
しかし、試合となると、パワーと勢いの野崎に押されまくり。
浣腸攻撃でなんとか流れを変え、鹿屋名物エルボーを狙うも失敗。
逆に払い腰二連発を食らい悶絶。
ばってんは、延髄からの浣腸、ばってんボンバーで
再度、起死回生を図り、鹿屋名物エルボー成功!
強烈な張り手合戦は、なんとか打ち勝つも、
一本背負いからの腕ひしぎ逆十字固めをくらい大ピンチに。
ばってんはなんとか丸め込みで勝利を狙うが、
野崎の巨体に押しつぶされる。
ラストは野崎の全体重を浴びせた重爆プレスで見事、
ばってん超えを果たした。

ばってんコメント
「年下に負けちゃった、、、
 野崎、ばってん超えおめでとう。
 そして、誕生日、おめで、、、とう。」
5X3A8773.jpg
5X3A8786.jpg
5X3A8812.jpg
5X3A8813.jpg




③かごんまタッグ見参!ご当地ヒーロー初登場!!   30分1本勝負
 筑前りょう太&×がばいじいちゃん
 (14分34秒 ツバメロール)白くま&ツバメ○


かごんま新ヒーロー、超特急仮面ツバメが、
南国氷菓・白くまとご当地タッグを結成しデビュー!
九州の象徴&佐賀の奇跡老人に立ち向かう!
ツバメは元気で明るいキャラとスピーディな動きで翻弄。
ノリノリの筑前も、ツバメ相手に大暴れ。
チャンスを作りじいちゃんにスイッチすると、
杖を使いツバメに浣腸、チョーク攻撃とラフ殺法を見せる。
ツバメは筑前にミサイルキックを放ちピンチを脱すると
白くまにスイッチ。地元の声援を受け大暴れ!
筑前をパワーで圧倒する場面も。
ツバメはじいちゃんに空爆を狙うが、杖を突き立て防御。
さらに杖式回転エビ固めからの名人芸ロープ杖渡り。
しかし白くまに杖を奪われると、高速化!
二人にまとめてドロップキック、白くまにブレーンバスター、
ツバメにチョークスラムと大暴れ。
がばいトーンボムはかわされ、ウラカンラナ。さらに丸め込み合戦へ。
ラストはツバメのツバメロールでカウント3!
デビュー戦を勝利で飾った。

5X3A8826.jpg
5X3A8863.jpg
5X3A8912.jpg
5X3A8928.jpg
5X3A8985.jpg




④鹿屋市を元気にすっドー!~桜島なおき鹿児島凱旋!~  60分1本勝負
 ○めんたい☆キッド&佐々木日田丸
 (19分16秒 片エビ固め) 玄海&桜島なおき×
※めんたいスプラッシュ


姶良市出身の桜島が鹿児島凱旋!
博多スターレーンで敗北を喫した日田丸にタッグマッチでリベンジを狙う!
桜島は激しく日田丸を意識。
日田丸の蹴りをキャッチすると、スターレーン大会で対戦した武藤を意識し、
ドラゴンスクリューからの足4の字固め。
替わった玄海の猛攻を耐えた日田丸は日田丸レッグラリアートで動きを止め
ようやくめんたいにタッチ。
しかし玄武會二人へバッグエルボー、玄海へファルコンアローからのミサイルキック。
桜島はめんたいへ武藤ばりのシャイニングウィザード。
そして再び、日田丸と激しいエルボー合戦。
日田丸は桜島の顎へ膝を入れ、さらに串刺しニー。
掌打をかわした桜島はコブラツイストへ。
さらにめんたいもまとめてWコブラ、Wの丸め込みで大奮闘。
玄海は日田丸へ超人拳、桜島はスライディングD。
玄武會の猛攻にフラフラの日田丸。
桜島はめんたいへドロップキックからのエルボーの打ち合い。
めんたいがバク宙キックで優勢に立つと、コーナーtoコーナーのミサイルキック。
ラストはめんたいスプラッシュで地元の桜島を沈めた。

日田丸コメント
「明日、鹿児島市で僕と桜島、メインイベントで一騎打ちをやります。
 今日見てもらって分かる通り、どう見ても俺が勝つでしょう!
 地元凱旋か知らねえけど、家族の前で恥かかせてやるよ!」

5X3A9039.jpg
5X3A9052.jpg
5X3A9107.jpg
5X3A9133.jpg
5X3A9163.jpg
5X3A9208.jpg







  1. 2017/08/27(日) 13:00:48|
  2. 試合結果

7/30 「筋肉山笠’17」試合結果

2017年7月30日(日)
九州プロレス設立9周年・九州北部豪雨災害支援大会『筋肉山笠’17』
福岡県福岡市/博多スターレーン
観衆[1,560]人(超満員)


①走れ!山笠!~筋肉追い山ならし~  15分1本勝負
 ○田中純二 & めで鯛マン (6分52秒 片エビ固め) ザ・グラバー & 白くま●
  ※ダイビングヘッドバッド


博多祇園山笠の公式キャラ「おいさ」の友人・めで鯛マンがデビュー!
九州プロレス一番山の純二と山笠タッグを結成。
純二は「博多祝いめでた」の生歌を歌い、めで鯛マンを呼び込むと、
威勢良く「オイサッ!オイサッ!」と会場を駆け、会場は山笠ムードに。
グラバーは、尻を出した締め込みスタイルの純二へ、
「金のパンツ」を履かせる暴挙に。
純二はなんとかネックブリーカードロップで逆襲に転じ、
金のパンツを脱ぎ捨て、めで鯛マンにタッチ!
めで鯛マンはスピーディーな動きでドロップキック2連発。
さらにグラバー商会まとめてドロップキック!
グラバーのハイアングルパワーボムを切り返すと、
白くまはめで鯛マンの頭に金のパンツを被せる暴挙に。
怒りのめで鯛マンはニールキックで反撃!
5分過ぎ。
山笠タッグは二人がかりで白くまへ「オイサ」チョップの連打!
さらにグラバーにも「オイサ」チョップの乱れ打ち!
純二は白くまにバックフリップを決め、強烈なダイビングヘッドバッドで、
オープニングマッチを勝利で飾った。
試合後、山笠タッグは、9周年大会の成功を祈って、
山笠でお馴染みの「博多手一本」で試合を締めた。

2017-07-30 398
2017-07-30 422
2017-07-30 447




②集団山見せ三巴~最弱王決定戦?~   20分1本勝負
 ばってん×ぶらぶら vs がばいじいちゃん vs ハリウッド・ストーカー市川

 ○がばいじいちゃん(8分10秒 拝み固め)ばってん×ぶらぶら●
   ※がばいトーンボム


九州プロレス界の「笑い」を担うばってんと、
プロレス界最高齢の奇跡の老人・がばいじいちゃんに加え、
謎のスペシャルゲストXを迎えた最弱王決定戦!
その最弱Xとして登場したのは、ドラゴンゲートのストーカー市川。
初登場の市川に会場は大歓声!
初対決のじいちゃんのスローっぷりに驚きを隠せず。
ブレーンバスター合戦は、じいちゃん腰を痛めるお約束。
それに続き、市川までも腰を痛める。
チャンスと見たばってんは、ぶらぶらエルボーを狙うも、
市川からも、じいちゃんからも逃げられる。
市川はレフェリーの注意を場外へ引きつけ、
ばってんに浣腸。その勢いでばってんはじいちゃんに浣腸。
勢い余って、じいちゃんはレフェリーへ杖で浣腸!
チャンスと見た市川は、ばってんを丸め込むも、
ダメージを負ったレフェリーはスローカウント。
「カウントが遅い!」とクレームをつける市川を、ばってんが丸め込み。
レフェリーは高速カウントで、あわや3カウントに、、、。
じいちゃんが名人芸、ロープ杖渡りを見せると、
負けじと市川もロープ綱渡り。
スローなじいちゃんへ追いつくと、ロープ上での攻防に。
共にバランスを崩し、急所を強打したチャンスに、
ばってんは再び、ぶらぶらエルボーをなんとか決めると、
じいちゃんの杖をへし折りアピール!
怒りのじいちゃんは超高速化し、ラリアット、チョークスラム、
がばいトーンボムと畳み掛け、ばってんを拝み固めで3カウント!
ばってんは「最弱王」の汚名を背負った。

2017-07-30 493
2017-07-30 504
2017-07-30 519
2017-07-30 543




③九州プロレスLOVE~プロレスリングマスター降臨~  30分1本勝負
 ○佐々木日田丸 & ビリーケン・キッド & 武藤敬司
   (11分35秒 片エビ固め)
 阿蘇山 & 桜島なおき● & 藤田ミノル
   ※日田丸式パイルドライバー


プロレスリングマスター・武藤敬司が九州マットに待望の降臨!
ビリー&日田丸というルチャと格闘技マスターを帯同し、
九州最強の武闘派ユニット・玄武會トリオを迎え撃つ!
武藤の登場に会場は割れんばかりの大歓声!
阿蘇山へフラッシング・エルボー、股裂き、さらにSTFを決める。
玄武會は早いタッチワークで代わる代わる日田丸を攻め、
ロンリーバトルが続く。
桜島は、串刺しエルボーから、ドロップキック、ブレーンバスター。
藤田は後頭部へ低空ドロップキック、阿蘇山の強烈なチョップ!
藤田の「飛んでいけー!」からのSAYONARAは日田丸がなんとか切り返し、
強烈なしばき合い。ミドルキックの連発から稲妻レッグラリアット。
ようやく武藤へタッチすると、膝へドロップキック!
阿蘇山、桜島、藤田へ、次々とドラゴンスクリューを決めると、
藤田へ足4の字固め!日田丸の卍固め、ビリーのメキシカンストレッチと、
九州プロレスマスターズの共演!
さらに藤田へドラゴンスクリュー、シャイニングウィザード!
玄武會も武藤へ逆襲開始。3人が次々と掟破りのフラッシングエルボー!
阿蘇山が武藤に万トーンを決めると、武藤はドロップキックでお返し。
ビリーは阿蘇山へビリンコバスター、串刺しドロップキック。
日田丸はコーナーの阿蘇山へハイキックと反撃に転じる!
阿蘇山も日田丸へミサイルキックの逆襲。
藤田と桜島が日田丸を抱え上げ阿蘇山がボディプレス!
なんとか玄武會の相打ちを誘うと、ビリーが阿蘇山へお座り式トペコン!
桜島は日田丸へ、武藤を挑発しながらのシャイニングウィザード!
ダイビングニードロップを日田丸がかわすと、
そこへ武藤が本家・シャイニングウィザードを桜島へ見舞い、
チャンスと見た日田丸が、プロレスLOVEポーズからの
日田丸式パイルドライバーを決め3カウント!
武藤の見事なアシストで、九州プロレスマスターズが勝利した。

2017-07-30 630
2017-07-30 668
2017-07-30 699
2017-07-30 744
2017-07-30 750
2017-07-30 758




④筋肉山笠2大タイトルマッチ~九州プロレスタッグ選手権試合~  60分1本勝負
 【王者組】○玄海 & HUB(25分27秒 片エビ固め) GAINA & 野崎広大●【挑戦者組】
   ※玄界灘
   ※初代王者組が3度目の防衛に成功


数々の強豪チームを倒して来たタッグの絶対王者、
玄海&HUB組に挑むのは、玄海の大阪時代の盟友・GAINAと、
そのパートナーに名乗りを上げた野崎!
玄海をも恐れない驚異の新人が、デビューの地で大金星を狙う!
気合い十分の野崎は、試合前から玄海に張り手。
試合が始まっても、野崎と玄海は強烈なパンチ、チョップ合戦。
タックルでは野崎が打ち勝ち大歓声。
野崎の大奮闘に、パートナーのGAINAはサポートに徹する。
初タッグとは思えないWタックルなど連携も。
5分過ぎ。玄海は野崎に張り手3発から、
巨体を軽々、投げっぱなしフロントスープレックス。
そこへHUBがフットスタンプ、後頭部へドロップキック。
セントーンから、アンクルロック。
野崎は、玄海のペディグリーも踏ん張り、
玄海灘も踏ん張ると、逆に玄海を投げ、ロンリーバトルを脱出。
ようやくタッチしたGAINAは、HUBにパワースラム、
玄海にラリアット2連発!
ファイナルアンサーはなんとか逃れ、玄海の超人拳!
15分過ぎ。野崎は再びタックル合戦で玄海に打ち勝つと、
一本背負いからの腕ひしぎ逆十字。
さらに、巨体の玄海を、筑前譲りのかつぐバイ!
野崎の奮闘に刺激されたGAINAも玄海と激しくやりあう。
玄海はGAINAに投げっぱなしジャーマンを放つと、
すぐに起き上がり、玄海に投げっぱなしドラゴンスープレックス。
玄海はGAINAにフランケンシュタイナー。
さらに野崎にも狙うが、野崎はキャッチし、まさかのパワーボム!
玄海にセカンドロープから強烈なギロチンを落とし、
GAINAを背負って、二人分の全体重を浴びせるボディプレス!
その上に、HUBのセントーンが落下し、玄海大ダメージ。
野崎はHUBのシャイニングウィザードをキャッチしブン投げると、
さらに玄海と張り手合戦。玄海は助走をつけた超人拳を放つも、
読んでいた野崎はキャッチし、見事な払い腰でカウント2.9!
野崎と玄海、HUBのトップロープの攻防は、
玄海の強烈な雪崩式ブレーンバスターでリングが揺らぐ!
玄海のペディグリーはGAINAがカット。
GAINAのパワーボムを切り返し、そこへHUBが猛毒波布空爆!
さらにトペスイシーダでGAINAを分断!
25分。玄海が野崎の側頭部へ強烈な蹴り。さらに打ち首・極。
最後は完璧な玄界灘で野崎から3カウントを奪い、
玄海&HUB組が3度目の防衛に成功した。
試合後、玄海とHUBは、野崎の大健闘を讃えると、
会場は大野崎コールに包まれた。


2017-07-30 971
2017-07-30 1029
2017-07-30 1072
2017-07-30 1166
2017-07-30 1177
2017-07-30 1196




⑤筋肉山笠2大タイトルマッチ~九州プロレス選手権試合~   60分1本勝負
 【王者】○めんたい⭐︎キッド (22分01秒 片エビ固め) 筑前りょう太●【挑戦者】
   ※めんたい⭐︎スプラッシュ
   ※第4代王者が8度目の防衛に成功


7度の防衛を果たし約2年間という長期政権を築く
第4代王者・めんたいに、初代王者の筑前が満を辞して挑戦!
昨年のスターレーン大会以降、第一線を退いていた筑前だが、
再び九州の頂上を目指し大復活!
王者・めんたいは、一度もシングルで勝利していない筑前を倒し
真の絶対王者を目指す!
試合は、正々堂々と握手でゴング。
序盤は、手の内を知り尽くした二人の技の読み合い。
筑前のエルボー、めんたいのサンセットフリップをかわし合い、
めんたいがドロップキックを放てば、筑前もお返し。
筑前は、フライングラリアットからインディアンデスロック、
リバーススプラッシュは、めんたいの剣山に悶絶。
めんたいは、4月のアクロス大会で、筑前の前歯を折った、
串刺しダブルニーでヒヤリとさせ、得意のバックエルボー。
そこから、フットスタンプ、セントーン、アトミコ、
リバースフットスタンプ、ボディブローからのソバットと
しつこいほどに、筑前のボディに集中攻撃!
10分。めんたいはウラカンラナで筑前を場外へ落とすと、
トップロープへ駆け上がり、プランチャ!さらに場外へフットスタンプ!
めんたいの猛攻に奮起した筑前は、
久しぶりに見せる場外への重量級トペ・コンヒーロ。
リングに戻ると、強烈なスピアー。新技・44歳は逃れられる。
バックエルボーで逆襲に転じためんたいをキャッチし、ブルーサンダー。
ゆりかもめでめんたいを締め上げる。
15分。ジャーマンスープレックス、44歳とたたみかけ、
なんとコーナーから、雪崩式44歳を初披露!
誰もが決まったと思いきや、めんたいキックアウト。
ならばと、まっすぐ飛ぶバイ!を狙うも、なんとか逃れるめんたい。
めんたい⭐︎スプラッシュは、筑前もなんとか逃れる。
お互いに死力を尽くし両者ダウン9。
チョップ合戦はどちらも倒れず。めんたいのバク宙キック、筑前のラリアットと一進一退。
再び狙ったまっすぐ飛ぶバイ!も失敗。
20分経過。
めんたいのダイビングフットスタンプ3連発からの
コーナーtoコーナーのミサイルキック。
満を辞してのめんたい⭐︎スプラッシュはカウント2。
ならばと再び、だめ押しのめんたい⭐︎スプラッシュ炸裂!
筑前から3カウントを奪い、シングル初勝利!8度目の王座防衛に成功した。

試合後のめんたいのマイク
「筑前さん、共に歩いてきた9年間。
 この9周年のリングで闘えたことを光栄に思います。
 僕たちの力は、まだまだこんなもんじゃないですよね?
 もっともっと九州プロレス、高みを目指しましょう!
 筑前さん、これからも、あなたをお慕い申し上げます!」
筑前と深々と礼を交わし、来年の10周年に向けた予告VTRへ。
会場スクリーンで重大発表!
2018年7月7日、10周年記念大会の開催を早くも発表し、
その会場が、福岡国際センターであると明かすと、
あまりのサプライズに会場は割れんばかりの大歓声!

めんたい
「無謀な挑戦かもしれません!
 この一年間ベストを尽くして福岡国際センター満員にします!
 国際センターのメインもめんたい⭐︎キッドが締めますから!」
10周年の決意を語り、九州ば元気にするバイ!で
大会を締めくくった。

2017-07-30 069
2017-07-30 177
2017-07-30 234
2017-07-30 278
2017-07-30 302





  1. 2017/07/31(月) 00:15:48|
  2. 試合結果
次のページ

FC2Ad